EPSとは

EPSとはどのような意味を持っているのでしょうか。またどのような仕組みなのでしょう。今回は株用語のEPSについて解説いたします。

EPSの概要

EPSとはEarnings Per Shareの頭文字で、「一株あたり当期純利益」と呼ばれる株式価格の指標の一つです。「一株あたり当期純利益」のほかにも略称として、「一株利益」「一株あたり利益」また「一株あたり利益」などと呼ばれることもあります。

EPSは次の計算式により求めることができます。

EPS=当期純利益÷発行済み総株式数

言いかえるならば、EPSは1株あたりどれほどの純利益を持っている企業かわかるものであり、投資家が注目する数値になっています。純利益が増えるほどEPSが上昇し、発行済みの株式が増えるほど、EPSは下降することになるのです。EPSの推移を見ることでその株式に手を出すべきか手を出さざるべきか、判断がしやすい指標とも言えます。

EPSを見る際には他社と比べるのではなく、同社前期と比べEPSの数値が上昇しているか否かを見るべきです。前期よりもEPSの値が上昇していると株価が上昇しやすく、逆に下降していると株価も下降しやすくなります。

発行済みの株式数が変動する場合とは

発行済みの株式数は、次のような場合に変動することがあります。

・新株を発行する
・株式分割をする
・自社株買いをする
・株式併合をする

上2つでは株式の数が増え下2つでは株式の数が減ります。企業が株式に対し何の手出しもしなかった場合には、発行済み総株式数が変動することはありません。また自社株買い以外となる、個人のトレーダーが株の売買を行っても、総株式数にはまったく影響を与えません。

EPSは高い・低いどちらがいいのか

EPSは高い方がメリットは高いと言えます。その理由が、1株あたりの純利益がどれほどであるのかわかるとおり、EPSが高ければ高いほど、利益を上げていると言える企業だからです。しかしながら現在EPSが高いからと、むやみに手を出すのは危険です。その理由が、EPSを下げる要因ともなる新株発行により、資金調達を行うことがしやすい環境にあるからです。

EPSは低いよりも高い方がメリットが大きいですが、EPSの推移を見極めないと、手数料や株価の下落で損をしてしまうこともあるため、注意は必要と言えます。