逆日歩とは

空売りをしていると出てくる逆日歩というのはなんでしょう。今回は、逆日歩の仕組みと思わぬところで損をしない知識を解説いたします。

逆日歩の仕組み

逆日歩とは空売りをしているときに関係してくるものであり、株を自分で持てているのであれば関係はありません。また空売りをしていても、常に必要なものではないというところもポイントです。しかしながら、翌営業日にならないと逆日歩が必要になるかわからない、という怖さもある「株のレンタル料金」のような仕組みです。

空売りをする際には証券会社から株を借りて売り注文を入れますが、証券会社が架空の株を勝手に発行して注文をしているわけではありません。証券会社自体や日本証券金融株式会社から、持っている株を売りに出し、処理を行っているのです。しかし、株が無限にあるわけではありません。空売りをする人が増えれば、株は足りなくなります。その際には銀行などから株を借りてくる必要があるため、別途手数料が必要になってしまいます。

このような手数料のことを逆日歩と言います。

逆日歩を払いたくないならば

逆日歩は空売りをしている時に発生するものですが、空売りの中でも「制度信用取引」を利用した際にだけ発生するものです。そのため「一般信用取引」を利用したのであれば、同じく空売りをしたのであっても、逆日歩を払う必要はなくなります。

ただ、元から制度信用取引を利用したときよりも金利が高く設定されているため、逆日歩が発生しなかった場合には損をする可能性があるという点を考慮する必要もあります。