ストックオプションとは

新社会人となったり勤め先が変わったりした際に、ストックオプションという制度の話があるケースもあります。今回は、ストックオプションとはどのようなものなのか解説いたします。

ストックオプションの概要

ストックオプションとは、勤め先の会社があらかじめ定めた価格で、勤め先の会社の株を取得する権利を与えるインセンティブ制度のことです。この制度により、あらかじめ定められている価格よりも株価が上昇すればインセンティブを利用する価値が生まれ、株価が下落してしまっていても、株を保有しているわけではないため、直接的な金銭的ダメージはないという「買うか買わないか」を自分で選べる制度になっています。もちろん証券会社を通せばいいので意味は薄いですが、損を覚悟で株を取得する権利も有しています。

あらかじめ株の価格を定めるとは?

一般に公開されている株は証券取引所に公開され、証券会社を通して個人でも購入が可能になっています。その価格は流動性が高ければ高いほど変動が激しく、上下を繰り返すのが一般的です。しかしストックオプションでは、あらかじめ従業員向けに株の価格を特別に定めているため、普通ではあり得ない価格で株を手にする権利が舞い込むこともあるのです。

例えばストックオプションで1株1,000円にて手に入れる権利を与えられている場合に、その株が1株3,000円まで値上がりしていれば、単純計算で1株あたり2,000円の利益が出ます。そのような時にストックオプションの権利を行使すれば、確実に大きなもうけが出せるという状況を作り出すことができます。逆に株価が下落してしまったのであれば権利を行使しなければいいので、通常損をすることはありません。

なぜこのような制度があるのか

ストックオプションを用意しても、会社にとって何のメリットもないように見えてしまいますが、これは「インセンティブ制度」のひとつです。そのため自社の評判をわざと落とし、株価も下落させるようなことを防ぐ効果もあれば、社員にとっては株価が上がれば給与とは別にもうけのチャンスがあるという効果も持っているのです。