SQとは

株式投資をしている方ならばSQという言葉を1度くらいは聞いたことがあるかと思いますが、これにはどのような意味があるのでしょう。今回はSQについて解説いたします。

SQの概要

SQとはSpecial Quotationの頭文字で、「特別清算指数」と呼ばれているので、オプション取引や先物取引などにおいて、最終的な決済期日前に決済をするための特別価格のことを言います。オプション取引や先物取引などにおいては、ポジションの決済期日が決まっており、第2金曜日の寄り付き(金曜日が休日の場合は前営業日の寄り付き)でSQ値が算出されます。SQ値はSQと同義です。

オプション取引では毎月第2金曜日、先物取引では3/6/9/12月の第2金曜日にSQ値が算出されるため、この日が近くなると株価や取引価格が不安定になりがちです。

株式取引のみ利用でもSQは把握すべき

SQは株には直接関係あるものではありません。というのも、オプション取引や先物取引のようにSQ値を求め、さらに期日によって強制的な清算がなされないからです。ただし空売りをしている場合には、株でも取引の期日が設定される場合もあるため、注意が必要です。

あまりSQが関係なさそうに感じる株式取引ですが、実際にはSQに関係する株価指数先物取引や日経225先物などにより、株価に影響が出てくるケースも多いです。株式取引のみに手を出すのであれば深く知っている必要は薄いですが、SQという概念をまったく知らずに手を出してしまうと、SQ値が決定する第2金曜日近くの株価変動に惑わされ、大きな損を出してしまう可能性があります。

東京株式市場であれば9時になるまで実際の株価はわかりませんが、買い注文を出すのか売り注文を出すのか、どのような気配で動いているのかは24時間インターネットで把握することができます。しかしながら第2金曜日の寄り付きがわかるのは、実際に9時になってからということになるため、SQ値が決まる日は時に慎重に取引を行わねばならないのがわかります。