時価総額とは

時価総額という言葉はよく聞かれますが、実際にはどのようなことを指して言われているのでしょうか。今回は時価総額について解説していきます。

時価総額の概要

時価総額とは企業価値を算出する指標のひとつで、「株価×発行済み総株式数」で求めることができます。例えば1株の株価が1,000円で300万株発行されているのであれば、その企業の株の時価総額は1,000×3,000,000=3,000,000,000円(30億円)ということになります。

時価総額が高ければ高いほど企業価値が高く、企業の純利益や資産が多いのが一般的です。しかしながら時価総額は絶対評価ではないため、いくら時価総額が高くとも、実際には粉飾決算で大赤字、個人情報流出問題で社内は大混乱など、あとから社会問題となるようなことでさえ今はまだ時価総額に反映されていない可能性もあります。

時価総額≠企業価値

時価総額は企業価値を求めるための指標のひとつではありますが、決してイコールでは結ばれることのないものです。というのも、時価総額を求めるための「株価」は流動性が高ければ高いほど変動しやすいものであり、それだけ時価総額も変動しているからです。しかしながら、実際の企業価値がそこまで頻繁に変動することはあり得ません。

確かに大きな企業であるほど多数の人材がおり、多数のプロジェクトが同時に進行していますが、それでも秒単位、分単位で企業価値を見直さねばならないほど大きな変化があることはありません。関連する業種というだけで、株価が下がり時価総額も下がってしまうことは多々あるため、実際にどのような将来性ある企業なのか気にかけず時価総額だけを見て判断するのは、危険極まりない行為と言えます。