ストップ高とは

株式取引を始める前であっても、ストップ高という言葉をニュースで耳にしたことはあったのではないでしょうか。今回はストップ高とはどのようなものなのかを解説いたします。

ストップ高の概要

ストップ高とは、証券取引所が決めている株価が1日に上がることのできる上限いっぱいのことです。逆に下限いっぱいのことをストップ安といいます。この株価が上下に変動できる幅を制限値幅といい、ストップ高・ストップ安に到達するもしくは制限値幅の中で取引を続けるのが1日の株取引の流れということになります。

ストップ高になったらどうなる?

ストップ高になると、その日のその株の取引は、それにて終了です。翌営業日まで、売買することができません。大損だけれども、大もうけしたからなど、すぐに手放したい状況にあったとしても、ストップ高になってしまったら、翌営業日までは手が出せなくなってしまいます。

どれくらい値動きしたらストップ高になるのか

ストップ高になる制限値幅は、株価によって異なります。以下が一例です。

株価制限値幅
100円未満+30円
100円~200円未満+50円
1,000円~1,500円未満+300円
10,000円~15,000円未満+3,000円
100,000円~150,000円未満+30,000円
10,000,000円~15,000,000円未満+3,000,000円
50,000,000円以上+10,000,000円

つまり1株1,000円の株であれば1,300円になった時点でストップ高、1株120,000円の株であれば150,000円になった時点でストップ高ということになります。株価によってストップ高となり、取引ができなくなってしまう価格に差があるため、持ち株がいくらでストップ高になるのかストップ安になってしまうのか、把握しておくのも大切です。