ゴールデンクロスとは

チャートを勉強すると、ゴールデンクロスという言葉を耳にするかと思います。果たしてゴールデンクロスとは何なのか、簡単に解説していきます。

ゴールデンクロスの概要

ゴールデンクロスを知るためには、まず移動平均線について知る必要があります。移動平均線とはチャート上で終値を結んでいる線のことであり、日足ならば短期を25日、長期を75日に設定することが多いものです。ゴールデンクロスではこの移動平均線と、株価の動きに注視する必要があります。

株価が下落し、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上にクロスしたものを、ゴールデンクロスと呼んでいます。このゴールデンクロスがチャート上に見られた場合には、その株を買うチャンスサインのひとつとして見ることができます。

ゴールデンクロスだけを見るとリスクが高い

ゴールデンクロスのサインだけを見て買いのチャンスだと手を出してしまうのは、非常にリスキーな株取引の方法です。というのも、ゴールデンクロスのサインには「初心者だまし」のゴールデンクロスも存在しているからです。

特に注意したいのが、株価が急落後、急騰して発生したゴールデンクロス。これはV字にチャートが形成されるはずですが、このような場合には「初心者だまし」のゴールデンクロスが発生しやすいです。

好都合なゴールデンクロスは、株価が大きく下落してしまったあとに、ほぼ横ばいが連日続いたあとのゴールデンクロスで、そのまま低迷を続ける、もしくはさらに失速する可能性の低い企業です。

このようにゴールデンクロスのサインだけを見るのではなく、株価や取引する企業の動向にも目を光らせることで、リスクを軽減させることができます。