株を始める準備

予算を決める

まず最初にすることは、株式投資にいくらまでなら使っていいのかを決めることです。安全性を考えれば、「このお金が全部なくなってしまっても我慢出来る額」にしておくのが無難です。間違っても、「このお金が10倍になったときに、欲しいものが購入出来る額」なんて設定はやめましょう。近頃では数万円の予算でも投資が始められます。

口座を作る

予算が決まったら、証券会社に口座を作ることになります。口座を作るのも手軽になってきており、インターネットを介して数分あれば手続きが完了します。ただし、本人を確認する手続きは少し手間がかかり、住民票や運転免許証、保険証など、本人であることを確認出来る書類を提出しなければなりません。提出方法は、インターネットで写真を送信する方法と、証券会社から送られてくる封筒で返信する方法とがあります。

株の始め方

証券会社には店舗型とネット型があります。店舗型の証券会社で取引するためには、その都度店舗に足を運ぶ必要があります。しかし、取引したい銘柄さえ伝えればあとはお店の人がやってくれるので簡単です。一方ネット型の場合は、手数料が安いという利点はあるものの、証券会社から与えられた取引ツールをつかって自分で操作することになります。スマホでもパソコンでも出来るので、自宅で取引することが出来ます。

株の売り買いの仕方

各証券会社ごとに多少の違いがあるはずですが、基本的に数字を入力したり、ボタンを押すだけで売り買いを実行することが出来ます。注意することといったら、数字の入力を間違えないようにすることと、ボタンを押し間違えないことです。ボタンや入力欄が密集していますので、よく見て操作してください。

証券取引所の取引時間について

東京証券取引所で株の取引が出来る時間は限定されており、午前の部が9:00~11:30、午後の部が12:30~15:00となっています。それ以外の時間帯でも証券会社に売買を注文することは出来ますが、それらは取引が開始されてから処理されることになります。ただし、24時間いつでも受け付けてくれるわけではありませんので、受付時間については証券会社に確認してください。