株式投資、と聞いて「まとまった資金がないとできない」と思っていませんか?実は株式投資は10万円からでも買えますし、運用の仕方次第でまとまった資産にすることも可能です。今回はそんな10万円から始める株式投資について。ハイリスクハイリターンからローリスクローリターンまでの5つの戦略をご紹介します。

リスク別10万円株式戦略

10万円あれば選択肢は思った以上に選べます。10万円で買える株式投資をリスク別にご紹介していきます。

ローリスク 単元未満株を買う

単元未満株と言うのは企業の株を「1株」から購入することができる制度です。本来100~1000株単位で購入する必要のある大企業の株でもこの単元未満株を利用すれば数百円、数千円から買うことが可能です。買う量が少ないので値下がりしても損失は最小限で済みますが、その分高騰しても得られる利益はごくわずかです。

ローリスク 株主優待を狙う

10万円を単純に増やすだけではなく、同時に株主優待も受けられる企業に投資することもできます。10万円でも株主優待を受けられる企業はたくさんあります。シダックスなら約40000円で2700円相当の優待券、家電量販店のコジマなら約52000円で1000円の優待券がもらえます。

ミドルリスク ミニ株を買う

単元未満株とよく混同されがちですが、ミニ株というのは単元株(最低単位)の10分の1の単位で買える株式の事です。本来1000株が最低単位の企業の株を10分の1の100株から購入する事ができます。例えばソニーは1株約6000円前後で、最低100株、60万円必要ですがミニ株なら10株、約6万円で購入することができます。

ミドルリスク 低位株を買う

低位株とは、通称ボロ株とも呼ばれる1株当たり100円以下の企業の株の事を指します。1株100円以下でさらにミニ株や単元未満株と組み合わせれば10万円の資金でも分散投資が可能になります。株価が低い分、中には大化けする株もあり、一発逆転も期待できるかもしれません。ただし、株価が低いのはそれなりの理由がある企業だということは忘れないようにしましょう。

ハイリスク 10万円株を買う

最後は10万円で買える企業1つに狙いを絞り、一点集中で投資を行う方法です。例えばRIZAPグループは2018年8月現在1株815円前後で100株から購入可能。約81500円あれば株主になることが可能です。ただしリスク分散の基本である分散投資はできないため、リターンもリスクもやや高めです。

まとめ

10万円あれば株式投資は可能です。現在では単元未満株やミニ株を使うことで選択肢が増え、10万円でも様々な戦略を取ることができます。むしろ最初から潤沢な資金を持って臨んで大損するよりも、10万円から始めて「株式に慣れる」事から始めてみることをお勧めします。