個人向け国債、それぞれの特徴

3つの国債一覧

個人向け国債には「固定3年」「固定5年」「変動10年」の3つの種類があります。3つを同時に比べやすくするために一覧にしてみました。

2020年12月現在募集中の個人向け国債

 固定3年(第127回)固定5年(第117回)変動10年(第129
回)
満期3年5年10年
金利固定固定変動(半年ごとに利率変更)
利率(年率)0.05%0.05%0.05%
発行日2021/1/152021/1/152021/1/15
償還期限2024/1/152026/1/152031/1/15
利払い日毎年1/15と7/15毎年1/15と7/15毎年1/15と7/15
募集・償還価格どちらも額面金額100円につき100円どちらも額面金額100円につき100円どちらも額面金額100円につき100円
購入金額1万円から1万円から1万円から



大きな違いは「固定」と「変動」。それと年数です。固定金利は設定当初の金利が3年~5年間そのまま固定されます。先の見通せる堅実な投資になる代わりに、物価が上昇したときでも金利は変わらないので、市場金利が上昇したときには「なんとなく損した気分」になることもあり得ます。

※元本保証なので満期まで保持すれば本当の損はないのですが

対して変動金利の場合、半年ごとに市場動向を見て金利が見直されます。市場金利が上がっていれば利子も増え、市場金利が下がっていれば利子は下がります。固定型の国債と比べて多少は「おもしろみ」はありますが、こちらも元本保証ですのでギャンブル性はありません。