株主優待とは

株主優待とは、企業が自社の株を持っている株主に対してお礼の意味を込めて優待品を贈る制度のことです。現在では上場企業のうち4割弱が株主優待制度を導入しています。優待品の内容は、自社の製品や優待食事券、カタログギフトなどさまざま。持っている株数によっても、受け取れる株主優待の内容が違ってきます。投資金額が多いほど購入できる優待株の種類は増えますが、10万円でも3万円でも購入できる優待株があります。株主優待を受けるためには、証券口座を開設しておく必要があります。

株主優待が初心者に向いている理由

資産運用というとまず初めにイメージするのが株式投資ではないでしょうか。株式投資は、上場企業の株式を保有して、売買したり、配当金を得たり、株主優待を受けたりすることで利益を得ることができます。株は5万円以下の少額から購入できるため、初心者でも始めやすいというメリットがあります。ただし、利益を上げ続けるためには日頃から新聞を読んだりニュースを見たりして勉強する必要があります。これがきっかけで経済の動向に興味が持てるようになれば、他の金融商品に投資する際にも役立ちます。

株主優待で人気のある銘柄は、極端に値下がりすることが少ないと言われています。そのため、株主優待だけが目的という投資初心者でも、興味のある企業の株を購入するだけでOK。各企業には電話やメールのサポートがあるので、不明な点は問い合わせれば解決します。