投資信託の初心者は、どの投資信託を選んで運用してもらうと失敗しにくいのでしょうか。すき好んで失敗する投資をする方はいないはずです。今回は、初心者が失敗しにくくなる知識を紹介いたします。

初心者はまずこれを知っておこう

投資信託とは何か、どんなことをすればいいのか、既にご存じの方には必要ない情報かもしれませんが、投資信託の初心者である皆さまにはぜひ知っておいていただきたいことがあります。それは、「投資信託のリスク」です。これを知らないと、お金を増やすはずが生活に必要なお金まで失っていたということになりかねません。

投資信託にはリスクがある
テレビコマーシャルやインターネット広告やホームページなど、投資信託の情報が流れる機会も増えてきました。もちろん、その中でリスクについて触れられてはいますし、実際に投資される際にもリスクについての説明は受けるはずです。

投資信託のみならず投資には必ず価値や価格の変動があり、購入した値段よりも価値が下がれば損失(元本割れ)の可能性はあります。しかしながら、価格の変動がなければ損失もない代わりに収益のチャンスもありません。

引用:元本割れのリスクについて|投資信託を知る

このようなものを、流し読んだり聞き流したりすると、大きな損害を被る「投資信託のリスク」についてよく知らないまま運用を任せることになってしまいます。わざわざこのお話を最初にさせていただくのは、これを理解せずに失敗する初心者も多いからなのです。

具体的なリスクとは
投資信託では、どのようなものを選択するかにもよりますが、多くが株式に手を出しているのです。簡単に言えば、株の売買で儲けを得ている状態です。もし、自分が選択した投資信託が持っている株の価値がゼロになる、いわゆる株式会社の倒産という目に遭ってしまったら、赤字はそのままあなたにのしかかるのです。例えば、100万円の資金で運用を任せ10万円を充てていた株の価値がゼロになってしまったら、その時点であなたの資金は90万円になってしまうのです。