投資信託を始める前の下準備

投資信託を初めてするときにわからないのが、何から始めればいいのかです。投資信託を購入したい気持ちはあっても、どうやって購入すればいいのかわからなければ始められません。そこで今回は、何から始めてどう購入していくのか、実際の流れを解説します。

どうして投資信託を始めるのか

投資信託を始めるにあたり、「なぜ投資信託を始めるのか」という『目的』を明確にしておくべきです。何となく人に勧められたから始める、という方は投資信託に向いていません。下準備の段階で、「本当に投資信託を始めてもいいのか」を検討すべきです。

なぜなら投資にはリスクがつきもの。安易な気持ちで始めるのではなく、目的を明確にし、全責任が自分にあることを理解しておきましょう。

投資先や運用の方針を決める

投資信託を続けているうちに、方針が変わってくることもあるはずです。しかし、どんな投資信託でどのような見返り(リターン)を求めるのか、ある程度の方針を始めに定めておきましょう。

・外貨や海外株にはなるべく手を出さない投資信託がいい
・リターンは少なくても安定性が見込める投資信託がいい
・分配金が支払われるものでなく、そのまま投資に回してくれる投資信託がいい

といったように実際に投資信託へ投資をする前に、運用方針が決められるはずです。この運用方針に合わせて、投資先を選んでいくのがよいでしょう。