インデックスファンドとはどんなものなのか

インデックスファンドとは、どんなものかご存じですか。今回は、ETFと組み合わせて運用されることもあるインデックスファンドと組み合わせについて解説します。

インデックスファンドとは

インデックスファンドとは、「TOPIX」や「日経平均株価」などの株価指数、つまり市場平均と同じような値段の動きを目指すファンドのことです。ETFと同じような考え方をしており、株価指数や平均株価と呼ばれるものの市場平均を目指すのです。ETFと違うのは、ETFは上場しているため投資家が株と同じように売買ができますが、インデックスファンドは非上場。そのためETFと同じ運用スタイルであっても、投資信託の一種となります。

インデックスファンドを選ぶメリットは?

インデックスファンドを選ぶメリットは、ズバリこれらがあります。

・初心者でも始めやすい
・投資信託よりも信託手数料が安め
・比較的低資金から投資が始められる

これだけでも、初心者にはうれしいメリットばかりではありませんか。特に、低資金から始められ信託手数料も安いというのは、あまり無駄なお金をかけずにお小遣いからでも始めたい方には手を出しやすい環境が構築されていると言えます。

インデックスファンドを選ぶデメリットは?

「いやいや、インデックスファンドを魅力的に見せようとしたって、デメリットがあるんでしょ」と考えられる方は鋭いです。インデックスファンドにもデメリットは存在します。それは『大きな利益を出しにくい』ことです。その理由は、インデックスファンドが目指す運用方針にあります。

インデックスファンドは、株価指数と同じような動きを目指して運用しています。ということは、株価指数を概ねなぞるような動きをするわけですから、大きな利益に期待はできません。